toggle
2022-01-05

できない理由を探さない

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、実は当社は、毎月毎月仕事に追われています。そう言うとマイナスイメージですが、逆に言うとそれだけお仕事を皆様にいただいているということで、本当に有り難いです。

ただ、できれば仕事に追われるより追うほうが理想的ですよね。そうなるには、先手先手で準備・段取りをしていく必要があります。でも、実際には一日の稼働キャパがあるので、できません。

ならば、このままずっと仕事に追われ続ける日々を送るしかないのか。いや、そうじゃないはず。きっとそれは、「できない理由を探さない」ことで改善されていくのだと思います。

私たちはつい何かを為そうとする時、できない理由を探してしまいます。
「一日の稼働キャパがあるから」「急な仕事が入ったから」「今日は雪かきで疲れたから」「縁起が悪いから」「あいつの指示が悪いから」「おれには向いてないから」などなど。

でもこれらは、ほとんどが、面倒くさいことや疲れることをやりたくない自分を正当化するための方便・言い訳です。そして当の本人も、そのことを自覚しながら黙殺しているんですよね。なぜそう言えるかというと、私がそうだからです。本当は、知恵と工夫でまだまだできることがあると思います。

つまり「できない理由を探さない」ことは、克己そのものです。
かの松下幸之助氏の名言と言われるこの言葉、やっぱり深いですね。

それはなかなか難しいことかもしれませんが、小さなことから少しずつやっていくとか、周りの人に宣言するとか、禁煙する時と同じように努力すればできるかもしれません。

例えば私は、当社のホームページを昨年からずっとリニューアルしようと思っていますが、できない理由をいろいろと探して、未だに8割しかできていません。だから宣言します。この1月でリニューアルをすると。
できない理由なんて探しません。いや、もともとできない理由なんて無いんだ!

新年から「宣言」をすると、気合いが入っていいですね。では、来月は新しいホームページでご挨拶できることを誓って、新年のご挨拶とさせていただきます。もちろんお客様のお仕事を優先しますので、よろしくお願いいたします!

<山田>